診療案内guide

眼疾患について

眼の病気の原因とその治療方法について、わかりやすくご説明してまいります。


白内障

カメラでいえばレンズの役割をする、眼の中の水晶体がにごる病気です。40~50歳を過ぎると、誰でもすこしづつにごってきますが、特に症状がなければ、治療する必要はありません。
最初の症状は「かすんで見える」、「まぶしい」などで、このような症状があれば一度受診してみてください。
初期の段階では、経過をみるだけ、あるいは目薬でにごっていくスピードを遅くしたりします。
白内障の症状のせいで、生活や仕事が不自由になれば手術をする時期といえます。白内障の手術の時期はその方の生活様式や仕事の内容で異なります。しなければならない時期、というのは決まっていませんので、そのあたりは診察室でじっくり話し合って決めていきます。


緑内障

眼をボールのようなものと考えると、そのボールには硬さがあります。それが眼圧です。
眼圧が高くなると、(ボールが硬くなると)、眼についている視神経はその力に耐えられなくなり、弱っていきます。視神経が弱ったところは見えなくなっていきます。
つまり視野が狭くなっていきます。これが緑内障です。眼圧が正常でも緑内障になることもありますし(正常眼圧緑内障といいます)、眼圧だけでなく、血流も関係しているといわれていますが、治療の基本は眼圧を下げることです。
現在は多くの目薬があり、緑内障の種類や症状、他にもっている病気などを考慮して目薬から治療を始めていくのが一般的です。
それでも進行を止められないときは手術をすることになります。診察では、毎回眼圧を測り、年に1~2回視野の検査をします。


屈折矯正手術

近視、乱視を治療する手術で、角膜に傷をいれたり、角膜にリングをはめこむ方法などもありますが、現在世界的に一般におこなわれているのは、エキシマレーザーを使う方法です。
エキシマレーザーで、角膜の表面を正確に削ることにより、近視を矯正します。約9割がLASIK、1割がepi-LASIKという方法です。
Epi-LASIKは角膜の上皮のみをふたのようにはがし、その後レーザーをあてる方法で、術後やや見にくかったり、痛みを感じたりしますが、数日で落ち着きます。
LASIKは角膜の表面をかんなのような刃で削り、薄いふたをつくり、そのふたの下にレーザーをあて、最後にふたを戻します。
LASIKは術後すぐからよく見え、痛みも少ないですが、眼の状態によってはepi-LASIKしか受けられないこともあります。当院では、これらの手術の適応検査や、相談も受け付けております。


アレルギー性結膜炎

アレルギーが関与する目の病気で、症状は目やまぶたのかゆみです。こすりすぎると、まぶたがはれたり、白目がゼリー状にふくらんだりします。(そうなる前に、治療を受けてください。)
アレルギーの原因は、季節性であれば花粉が原因で、季節に関係なければほこりやダニ、ペットの毛によることがほとんどです。
花粉は、春ならスギやヒノキ、夏ならイネ科、秋ならキク科が考えられますが、正確に知るためには、採血をして調べられます。
治療として、抗アレルギー点眼薬を1日に2~4回点眼します。花粉によるアレルギーの方なら、はやめに(花粉が飛び始める2~3週間前)点眼を始めると効果があります。
さらに症状のきつい方には、副腎皮質ステロイドの点眼薬をさしてもらいます。
点眼薬のさし方や、やめる時期などは、医師の指示に従ってください。
ダニやほこりによる方は、部屋のお掃除もお忘れなく。


弱視

弱視とは、視力の発達する期間(生後すぐ~5・6歳)に眼の病気や異常があり視力の発達が遅れてしまう状態のことをいいます。
原因は、斜視、片目に遠視や乱視がある、両目に強い遠視や乱視がある、まぶたがさがっている、などがあります。
早期発見、早期治療が重要ですが、片目の弱視の場合、家族の方はわからないと思いますので、3歳児検診がポイントとなります。
治療は、原因によって違ってきますが、たとえば不同視弱視(片目だけ、遠視や乱視がある)でしたら、眼鏡をかけた上で、良い方の眼にアイパッチという眼帯をして、わざと目かくしをします。こうして、弱視の方の目を、眼鏡でくっきり見える状態にしたうえで、しっかりと物をみる(本をよむ、テレビをみる、など)ように指導していきます。
まぶたがさがっている、白内障がある、などが原因の場合は、その手術をします。


ドライアイ

ドライアイとは涙の減少あるいは質的な変化により眼の表面に障害が生じる疾患です。
症状は、「眼が乾く」だけではなく、「眼が疲れやすい」「ごろごろする」「充血しやすい」などさまざまです。
原因としては、涙の量や質の低下の他、まばたきが少ない(コンピューター作業をしている方に多いです。)、涙が蒸発しやすい(部屋が乾燥している、エアコンの風が直接眼に当たっている)などがあげられ、また、コンタクトレンズやアレルギー性結膜炎も、大きく影響します。
日常の生活での注意点としては、長時間コンピューター作業をしている方は、休憩をときどきとるようにし、パソコン画面は、目線より下になるようにしましょう。また、直接エアコンの風が当たらないようにしたり、部屋の保湿に注意することも大切です。
ただし、そのような日常生活での改善でも症状がよくならない場合は、点眼治療が必要となります。角膜にキズができている場合もありますので、そのような場合は、眼科受診をおすすめします。


網膜硝子体手術

under construction

前のページに戻る

四条烏丸眼科 小室クリニック
烏丸通錦小路上ル手洗水町652
烏丸ハイメディックコート4F
TEL: 075-708-8004