屈折矯正手術LASIK

屈折矯正手術について

屈折矯正手術は、多くの機器をもちいて適応検査を行い、手術ができるかどうかを眼科専門医が判断し、手術の特徴などもきいていただきます。
手術をすることが決まれば、関連施設へご紹介し、なるべく希望の時期に出来るよう対応してゆきます。
手術について、まったく何も知らない方は、まず説明だけでもききにきてください。
また、その他の手術が必要な疾患に対しましても、関連施設へのご紹介により迅速に対応していきます。



レーシックとは?epi-LASIKとは?手術の適応手術までの流れ




レーシックとは?

LASIK(レーシック)とは、Laser in-situ Keratomileusisの略で、近視・乱視を矯正する現在主流となっている手術方法です。

角膜を、マイクロケラトームというカンナのような器械で薄く削り、フラップつまり蓋をつくります。この蓋の下の角膜(角膜実質)に、エキシマレーザーを照射して角膜のカーブを平らにし、屈折力を変え、視力を矯正する方法です。

この手術は、術後の痛みがほとんどなく、視力も手術翌日から、高い確率で安定します。

△Top




epi-LASIKとは?

epi-LASIKとは、角膜の表面の1/10くらいのところで器械により蓋を作り、その下をレーザーで削って屈折力を変える手術です。

角膜の薄い方、格闘技などをされる方にお勧めです。

術後数日痛みがあり、ぼやっとしか見えませんが、その時期を過ぎると高率に視力が安定します。


△Top



手術の適応

※適応範囲は、日本眼科学会にて以下のように定められています。

エキシマレーザー屈折矯正手術のガイドライン(2009年)

手術できる人
・18歳以上の方(十分な判断ができ、近視も落ち着いてくるため)
・屈折値が安定している全ての屈折異常(遠視、近視、乱視)
・屈折矯正量
  1. 近視PRKについては、矯正量の限度を原則6Dとする。何らかの医学的根拠を理由としてこの基準を超える場合には、十分なインフォームド・コンセントのもと、10Dまでの範囲で実地することとする。
  2. 近視LASIKおよびep-LASHIKについては、諸外国の成績などを踏まえ、当分はPRKに準じて実地するべきこととする。
  3. 遠視LASIKについては、諸外国の成績などを踏まえ、矯正量の限度を6Dとして実地すべきこととする。
手術できない人
・他に眼の病気(活動性の外眼部炎症、円錐角膜、ぶどう膜炎など)がある方
・重症の糖尿病や重症のアトピー性疾患などがある方
・妊娠中、授乳中の方

△Top



手術までの流れ



当院にてスタッフが随時説明をおこなっております。
当院では、適応検査まで受けていただき、その後関連病院にご紹介いたします。
手術後の診察も、当院でうけることができます。
まずは、お電話にてお問い合わせください。


△Top



前のページに戻る

四条烏丸眼科 小室クリニック
烏丸通錦小路上ル手洗水町652
烏丸ハイメディックコート4F
TEL: 075-708-8004